oncontextmenu = "return false"

テレビ朝日社友会 山と渓谷の会

body { margin-left: 0px; margin-top: 0px; margin-right: 0px; margin-bottom: 0px; } -->

  岩槻城址公園お花見案内

 

今冬は寒暖差が激しい年でした。「山と渓谷の会」会員各位におかれましては、体調管理に気をつかい、春の訪れを待ちかねているのではないでしょうか。

お待たせしました、4月お花見のご案内です。

今年はさいたま市岩槻区にある「岩槻城址公園」です。岩槻城の歴史は室町時代にさかのぼります。

古河城にいた古河公方・足利成氏に対抗するため、長禄元年(1457)、扇谷上杉持朝が太田道真・道灌父子に命じて築城させ、寛正五(1465)年に完成した。太田道灌の甥で養子となっていた図書頭資忠が下総臼井城の合戦で戦死した後、資忠の弟、資家が城主となった。大永五(1525)年二月、江戸城を攻略した小田原城主・北条氏綱は岩槻城を攻め、城主資頼の家臣・渋江三郎を内応させ岩槻城を占領した。城を奪われた資頼は一旦武蔵石戸に逃れたが、享禄三(1530)年九月、渋江三郎を討って岩槻城を奪還した。資頼から家督を受け継いだ資時は密かに北条氏と気脈を通じ、天文十五(1546)年の川越城をめぐる攻防でも北条氏に義理を立てて出陣しなかったが、資頼の次男、資正は上杉方に参陣した。この頃、資時が病死したため、資正が岩槻城主となった。

天文十五(1546)年の河越夜戦で北条氏が武蔵から上杉勢を一掃した後も、城主・太田三楽斎資正は孤軍奮闘、一時期北条氏の傘下に入り、結城城主・結城政勝らとともに常陸小田城主・小田氏治と山王堂で激戦を展開したりしたが、永禄三(1560)年、上杉謙信の関東出陣に呼応し、翌年の小田原城攻撃では先鋒として活躍した。

天正八年(1580)、北条氏政の三男・氏房が太田氏を嗣ぎ、岩槻城は北条氏の直轄となった。天正十四年(1586)以降、豊臣氏の上洛要請を無視したことで緊張が高まり、このときに大構え(惣構え)が拡張工事された。天正十八(1590)年の小田原の役では氏房は小田原城に入城し、岩槻城には城代・伊達与兵衛房実ら二千を置いたが、浅野長吉率いる二万の軍勢の前に激戦の末、降伏開城した。

家康が関東に入ると、譜代家臣の高力清長が二万石で岩槻城に入った。その後も江戸を守る要衝として青山・阿部・板倉・戸田・藤井・松平・小笠原・永井氏らの譜代大名の居城となった。江戸中期に大岡忠光が入り藩士が固定され、大岡氏八代のときに廃藩置県で廃城となった。

現在は一部が岩槻公園になっていが、肝心の本丸は住宅地域になってしまいました。もともとは元荒川周囲の湿地に浮かぶ城で、現在もわずかに沼地が残り、低湿地だったころの面影を残しています。


今も面影が残る城跡で、大いに呑み、一日のんびりと過ごしましょう。参加をお待ちしています。


1岩槻公園 2岩槻公園 

岩槻城址公園イメージ  

ホームページに下見報告がありますので参考にしてください


日時・・平成29年4月4日(火)1015分東武野田線岩槻駅改札口前

     JR大宮駅から乗り換えて12分で到着です。

雨天中止 (当日雨の場合はメールまたは朝7時までに電話をいたします。

それより早く家を出る方は電話をください)

 

行程・・岩槻駅発(10時20分発)→東玉・人形の博物館(10時22分着)→岩槻藩遷喬館

(10時40分→酒蔵資料館(10時55分)→諏訪神社(11時30分)→岩槻城址

(12時00分)(見学時間30分)→お花見宴会12時30分開始(2時間)

 

参加費用・・ 200 (おつまみ+アルコ-ル飲料)

旅行傷害は平地なので加入しません。もし必要な方は申し出ください。

昼食は各自用意のこと。交通費各自負担

 

持ち物・・・昼食・飲み物・レジャーシ-ト・タオル・雨具・その他各自必需品

 

申込期限・・3月24日(金)厳守

 

申込先・・・幹事  菊地一行  

          Email: kikutian@nifty.com  







2017.02.22 / Top↑
1月23日にさいたま市岩槻区にある「岩槻城址公園」へ4月のお花見に向けて3人の
世話役の方々と下見に行ってきました。
ここ岩槻は、かっては埼玉県の東部に位置した市であったのですが、2005年4月に
さいたま市に編入されさいたま市岩槻区となりました。市の中心部は江戸時代、岩
槻藩5万5000石の城下町であり日光御成街道の宿場町として発展しました。
今回は室町時代は1457年(長禄元年)に築城された岩槻城(岩付城、岩附城、
白鶴城、浮城とも呼ばれた)城址でのお花見です。

DSCN0371_320.jpg DSCN0373_320.jpg  
 八つ橋  ギザギザに曲がった朱塗りの橋 渡った先がお花見会場
 
DSCN0374_320.jpg DSCN0375_320.jpg
 菖蒲池 カワセミが飛来する 

DSCN0380_320.jpg DSCN0381_320.jpg
堀障子(ほりしょうじ)   城の堀に設けられた障害物で敵の移動を妨げたり、飛び
                道具の命中率を上げることを目的として築かれた空堀。

DSCN0378_320.jpg DSCN0379_320.jpg
   鍛冶曲輪                                                                  白鶴城址碑

DSCN0377_320.jpg DSCN0384_320.jpg
 花見会場はこの周辺で           移築された岩城城門 黒く塗られて
                          いるので「黒門」と言われている。
                          幅約13m 奥行3.7mの長屋門形式 

DSCN0389_320.jpg DSCN0391_320.jpg
人形塚 昭和46年(1971年)10月15日を「人形の日」と決め、埼玉100年を記念として
      建立された。人形つくりの起源は江戸時代のはじめ1630年頃とされている。
 
DSCN0393_320.jpg DSCN0394_320.jpg
岩城城裏門 江戸時代後期の明和7年に当時の城主大岡氏のときに修造された。
         間口約3m、奥行約2m。左側は袖塀、右はくぐり戸になっている。

DSCN0397_320.jpg DSCN0396_320.jpg
浄源寺 浄土真宗本願寺派寺院の浄源寺は、僧善正が開山したといいます。
      境内にあるしだれ桜が有名です。

DSCN0398_320.jpg DSCN0399_320.jpg
DSCN0404_320.jpg DSCN0405_320.jpg 
遷喬館(せんきょうかん)
寛政11年(1799年)、岩槻藩に仕えていた儒者・児玉南柯が創設した私塾です。
文化年間(1804年から1817年)に藩校となり、儒学を中心とした講義が行われ、
藩士の子弟らがここで学びました。 茅葺、平屋建ての30坪ほどの建物です。


下見では岩槻駅からじかに岩槻城址公園まで行きましたが、本番当日は、町
中の建物等を訪ねながら岩槻城址公園に向かいます。従いまして掲載の写真
とは逆方向になりますのでご注意ください。

幹事 菊地


2017.02.03 / Top↑
12月14日 恒例の高尾山登山に忘年会を兼ねて、何時もの京王高尾山口駅前に
集合した。
前日の天気予報では雨の模様であったが、当日は何とか雨も上がり雨カッパを
着なくてもすみそうだ。
22名登山参加者で忘年会のみの出席者は当日1名欠席となり2名で合計24名と
なった。

何時もの通りケーブル利用での登山と稲荷山コースとの二手に分かれれて登山
開始した。

DSC08565_400.jpgDSC08566_400.jpg
DSC08568_400.jpgDSC08569_400.jpg

16年忘年登山 大見晴亭  DSCF7479_400
頂上の蕎麦屋「大見晴らし亭」で昼食をtoltuta撮った

DSC_5772_800.jpg
昼食後の高尾山頂での記念撮影
2016_12140013_400.jpg 2016_12140015_400.jpg
 毎年お世話になってぃる「館」で忘年会の開始
2016_12140014_400.jpg 2016_12140016_400.jpg 
DSC08577_400.jpg DSC08578_400.jpg 
DSC08579_400.jpg DSC08582_400.jpg
DSC08584_400.jpg DSC08585_400.jpg
DSC08586_400.jpg DSC08587_400.jpg 
DSC08589_400.jpg DSC08595_400.jpg
DSC08590_400.jpg DSC08592_400.jpg
DSC08594_400.jpg DSCN0127_400.jpg

宴もたけなわ、ここで健康状態、近況、趣味など思ったことを各人話をしてもらうこととした。
DSCN0132_400.jpg DSCN0133_400.jpg
DSCN0135_400.jpg DSCN0136_400.jpg
DSCN0138_400.jpg DSCN0141_400.jpg
DSCN0143_400.jpg DSCN0145_400.jpg
DSCN0148_400.jpg DSCN0150_400.jpg 
DSCN0152_400.jpg DSCN0157_400.jpg 
DSCN0162-1_400.jpg DSCN0163_400.jpg 
DSCN0181_400.jpg DSCN0198_400.jpg
DSCN0188_400.jpg DSCN0190_400.jpg
DSCN0167_400.jpg DSCN0158_400.jpg

DSC_5790_800.jpg
        忘年会終了後の集合写真撮影

今年は2名の山渓の会員が旅立ってしまい真に残念であったが、来年も健康に留意して
いつまでも楽しく集いたい。

2017年は4月のお花見の予定です。1月中に下見をして場所を選定しお知らせします。
それでは良いお年をお迎えください。

幹事 菊地


2016.12.26 / Top↑
今秋は山梨県の昇仙峡に行きました。好天に恵まれて山頂から富士山や南アルプスの展望は最高でした。紅葉にはまだは早すぎたようで残念でした。
さて、今年も高尾山&忘年会の案内を差し上げる時期となりました。
今回はいつも利用している高尾山頂上の「大見晴亭」で昼食、下山後の忘年会場は例年の「館」です。
今から予定に組んでいただき、多数の方のご参加をお待ちしています。

日   時  平成28年12月14日(水) 午前9時30分 雨天決行
集合場所  京王電鉄 高尾山口駅(終点)改札口前
スケジュール 徒歩組・ケーブルカー組に別れて出発。 高尾山頂上で合流して頂上の
「大見晴亭」で昼食、下山後 館(やかた)で忘年会
午後4時30分頃解散予定
会  費    \6,500- (昼食、忘年会費、傷害保険料を含む)忘年会のみ \3,500
持ち物   防寒具、雨具その他各自で必要と思われるもの
申込期限   12月2日(金)まで
万が一に備えて国内旅行総合保険(死亡・入院・通院・賠償責任・救援者費用)に加入します。ご自身で加入していて必要のない方はお申し出ください。
申し込み締め切り後不参加になった場合は保険の取り消し料500円が発生しますのでご承知おき下さい。

忘年会の会場に直接参加OKですので申込みの際申し出ください。14時過ぎから開始予定です。
なお直接会場「館」へ参加の方は旅行総合保険の加入手続きは致しません。必要とされる方はお申し出ください。
申込み先   幹事   菊地一行   E-mail kikutian@nifty.com
Eメ-ルがある方は上記メ-ルアドレスにて申し込みして下さい。
手違いでのミスを防ぐため遅くとも翌々日までには申し込み受付の返信を致します。もし返信なき場合は電話にて確認をお願いします。
2016.11.07 / Top↑
秋晴れの昇仙峡を川沿いに歩きました。その報告です。

実施日 2016年10月18日(火) 天候 快晴 参加者 23名

前日まで天気は心配されましたが、当日は秋晴れの快晴になり、
この時期に しては 汗ばむような陽気にびっくり。季節感は紅葉狩りには似合わない。
ここ山梨県甲府駅前からバスで1時間ほどにある「昇仙峡は」水晶の産地としても
有名な観光地で、休日には大勢の方が訪れている。特に紅葉の時期は混雑が激しい。
山の会の会員も会社の旅行などで一度は訪れているようだが、 はるか昔のこと、
しかも当時はマイカーでの移動が主流で、わずかなポイントのみ観ただけで、
一部分のおぼろげな記憶にしかない方が多いようだ。
そこで今回は路線バスを利用して移動し、現地では荒川沿いをのんびりと
歩いて、 景色を満喫する計画をたてた。

0-1.jpg 0-2.jpg
甲府駅前からバスに乗る         1時間ほどバスに揺られ滝上バス停で下車
0-4.jpg 0-5.jpg
行程の説明をして出発
0-6.jpg 0-7.jpg
細い橋を渡りロープウエイを目指す      5分ほどでロープウエイ乗り場だ

0-9.jpg 1-11.jpg
ロープウエイからの眺めはまだ青々の木々   頂上からはわずかな紅葉
 
1-12.jpg 1-1.jpg
 今年の紅葉はかなり遅くなりそうだ      金桜神社に旅の安全祈願 
1-5-2.jpg 1-5.jpg
1-2.jpg
 昔は参道であったところに小高い丘。

 参拝者が弁当を食べてしばし休憩した
 ところは 今は「約束の丘」と命名された。

 「出会いの鐘」を鳴らして合掌





1-9.jpg 
1-6.jpg 1-7.jpg 
    富士山                  南アルプスの山々が一望できる
1-8.jpg  
1-10.jpg 1-13.jpg
 ロープウエイの駅のパノラマ台からさらに上の「展望台」を目指す 
2-1.jpg 2-2.jpg
 展望台付近で昼食時間でしばらく休憩
2-3.jpg 2-4.jpg
 食べ終わって満足そうな顔
2-5.jpg 2-6.jpg 
2-7.jpg

3-1.jpg 


 下山後は昇仙峡口まで約2時間ほどの
 歩きとなります

 建物の間を抜けて階段を下りると
 景色が一変します




3-3.jpg 3-2.jpg
 仙娥滝
3-4.jpg  3-6.jpg
3-7.jpg
 垂直にそそり立つ 覚円峰
 僧侶覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したことが、その名に由来します。
3-5.jpg 4-5.jpg 
4-3.jpg 4-1.jpg
茶店で川の流れを観ながら暫しコーヒーブレイク
4-2.jpg 4-4.jpg

4-6.jpg 5-1.jpg                  
5-2.jpg 5-6.jpg
 川沿いを歩いて最後の休憩です       
             
5-8.jpg                 
  

 奇岩が織り成す風景は圧巻です





 5-7.jpg
川には巨岩がゴロゴロ 動物などの形に似ているとその名前が付けらたりしています
 
昇仙峡集合_640
 集合写真は展望台で撮影   参加者の顔が良く見えないという方は写真をクリック
 すれば拡大します。ほかの写真も同様です。

今年は残すところ高尾山忘年山行&忘年会となりました。今年は紅葉がみられなく
残念でしたが来年こそはと。それまで身体を鍛えて待っていてください。 

写真は井上・中山・石川 各氏からも提供していただきました。この場を借りて
お礼を申し上げます。

幹事 菊地

2016.10.28 / Top↑
まとめ