oncontextmenu = "return false"

テレビ朝日社友会 山と渓谷の会

body { margin-left: 0px; margin-top: 0px; margin-right: 0px; margin-bottom: 0px; } -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 今年もお花見の季節が巡ってきました。今回企画をしたのは、江戸時代には日光街道沿いの宿場町として栄えた幸手でのお花見です。

幸手市(さってし)は、埼玉県東部にある人口約5万人の市です。 江戸時代から日光御成街道と日光街道(奥州街道)の合流点に位置する宿場町として栄えていました。市内には徳川将軍が日光東照宮へ墓参する際に立ち寄った聖福寺や明治天皇が行幸した折に宿泊した行在所跡が残っています。

日光街道が整備される以前より、幸手は利根川水系による河川舟運と、鎌倉街道中道の人の往来で、交通の要衝として栄えていました。特に中世では、古河公方の重臣・幸手一色氏との縁が深く、政治的・軍事的にも重要な場所であったことが窺えられます。江戸時代になり日光街道が整備されると、1616年(元和2年)に幕府より人馬継立を命ぜられ幸手宿となりました。

幸手宿は日光街道のみならず、将軍家による日光社参の道である日光御成道との結節点でもあり、重要な地だったとも考えられます。

花見会場は幸手駅から北北東に流れている中川堤沿いに「権現堂桜堤」といわれている

幸手を代表する景勝地があります。1000本余りの桜並木は関東有数の桜の名所であり、菜の花が同時に咲き、その黄色とピンク色のコントラストは一見の価値があるでしょう。

 

当日は旧幸手宿の街を2時間ほど見学しながら、「権現堂桜堤」を目指します。

会員の皆様のご参加をお待ちしています。もちろん家族の方同伴でも歓迎です。


 幸手1
権現堂桜堤(イメージ)
DSCN2671_400.jpg
 

 将軍家の休憩所として伝わる「聖福寺」

日時平成30年4月9日(月)10時00分 東武スカイツリーライン
   (日光線)幸手駅改札口

    雨天中止 (雨の場合はメールまたは朝7時までに電話をいたします。

もしもそれよりも早く家を出る方は電話をください)

 

・・幸手駅発(10時5分発)→旅館「朝萬」→永文商店→竹村家→満福寺
→幸宮神社→雷電
神社→聖福寺→正福寺→お花見宴会12時30分開始予定(約2時間宴会)

     徒歩での市内見学を望まない方は事前に申し出ください。
バスでの移動手段も
あります。

 

参加費用200 (おつまみ+アルコ-ル飲料)見学案内料金を含む

旅行傷害保険は平地なので加入しません。
     必要な方は申し出ください。

昼食は各自用意のこと。交通費各自負担

 

持ち物・・・昼食・飲み物・レジャーシ-ト・タオル・雨具・その他各自必需品

 

申込期限・・3月30日(金)厳守

 

申込先・・・幹事  菊地一行   Email: kikutian@nifty.com    





2018.02.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tvyuyama.blog137.fc2.com/tb.php/140-8feee92a
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。