oncontextmenu = "return false"

テレビ朝日社友会 山と渓谷の会

body { margin-left: 0px; margin-top: 0px; margin-right: 0px; margin-bottom: 0px; } -->

       山と渓谷の会 紅葉の昇仙峡巡り 


早いもので秋の紅葉のシーズンがやってきました。今回の山行は、山梨県甲府市の「昇仙峡渓谷」を川沿いに歩くことを計画しました。
昇仙峡は観光地として有名であり一度は訪れた方も多いとは思いますが、一応簡単に紹介しておきます。
昇仙峡は山梨県甲府市、甲府盆地北側、富士川の支流、荒川の上流に位置する渓谷で「山梨・秩父多摩甲斐国立公園」である。
路線バスで滝上バス停を下車して歩くこと約15分でロープウエイ山麓仙娥滝駅に到着。ここから46人乗りゴンドラで頂上を目指す。5分で山頂パノラマ台駅に到着。ここには和合権現、八雲神社を参拝し、浮富士広場から富士山を。約束の丘、眼下に荒川ダム、遠くには雄大な南アルプスが眺望できる。
食事休憩を挟んでロープウエイで下山してこれから5.1Km約2時間15分荒川渓谷を散策することになる。
しばらく歩くと少し長い階段があり、下りると3段の高さ30mの日本の滝百選「仙娥滝」が見えてくる。
優雅な滝を後にして昇仙橋を渡ると巨大な花崗岩でできていて、先端が少し離れていて大丈夫かと案じられる「石門」を潜る。見上げると巨大なそそり立った岩山「覚円峰」が眼前に迫ってくる。
途中休憩を取り、それでも時間があれば羅漢寺橋を渡り「羅漢寺」を見学します。
ここからは約4Kmの遊歩道が始まります。川の流れで彫刻された岩々があり、例えば先人たちが名付けたラクダ・オットセイ・ふぐ・富士山・はまぐり・五月雨岩などその他たくさんあり、当を得ているかどうかは別として、いくつもの石が何に似ているか想像して歩くのもまた楽しみ。やがて昇仙峡口バス停に到着。帰路につきます。

今回は歩く距離はやや長いですが平坦地ですし、上流から下流に向かって歩くので、なだらかな下り坂で足に負担がかからないように配慮しています。
紅葉した木々のもと、滝や渓流から湧き出すマイナスイオンを吸って心身とも癒されてみてはいかがでしょうか。大勢の参加をお待ちしています。
IMG_0240_400.jpg NEC_0047_400.jpg
           覚円峰                      仙娥滝

行程
中央本線甲府駅改札口前集合(9:30) ― 路線バス南口3番乗り場(9:45発) ― 昇仙峡滝上(10:33)- ロープウエイ乗り場((10:50) - ロープウエイ頂上(11:25) ― 頂上散策昼食12:40まで - 
下山(13:00) - 荒川渓谷沿い歩き - 天神森バス停(16:00) ― 16:10バス発 ― 甲府駅(16:41) - 甲府駅あずさ26号(17:02)発 - 新宿駅着(18:36)予定
参考 新宿8時00分発スーパーあずさ5号で、途中立川、八王子経由で甲府9時28分着が便利です。

日時・・平成28年10月18日(火曜)(日帰り) 雨天中止 
9時30分 JR中央本線甲府駅改札口前集合
        当日雨天の場合はメール5時45分までに連絡します。
        それより早く自宅を出る場合には電話ください。

持ち物・・・ 昼食・飲み物・タオル・着替え・雨具・登山支度・その他各自必需品

参加費用・・4000円 (参加費にはロープウエイ、バス、旅行保険料を含む)
但し 甲府までの往復乗車券・と特急券は各自負担
旅行保険不要な方は参加申し込み時に申し出ください。

申込期限・・10月6日(木)  厳守

申込先・・・ 幹事 菊地一行   Email: kikutian@nifty.com
Eメ-ルのある方はなるべく上記メ-ルアドレスにて申し込みして下さい。手違いを防ぐため遅くとも翌々日までには申し込み受付の返信を致します。もし返信なき場合は電話にて確認をお願いします。
  
                    
2016.08.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tvyuyama.blog137.fc2.com/tb.php/123-dbee1b4f
まとめ