oncontextmenu = "return false"

テレビ朝日社友会 山と渓谷の会

body { margin-left: 0px; margin-top: 0px; margin-right: 0px; margin-bottom: 0px; } -->

梅雨が明ける間際の天候が定まらない、7月21日に久しぶりに丹沢山系の
「二ノ塔」・「三ノ塔」への登山に行ってきました。

三ノ塔(1205m)に行くには、一般的にはヤビツ峠から上るのが一般的です。
ヤビツ峠で標高が761mもあるので楽な面もあって大勢の方がこのコースを
トライしています。
今回は基点が約200mと低い秦野市の「菩提」というところから上を目指しま
した。
このコースは一般的でないことから、登山者が極端に少ない。当日も出会った
人が1人と2組とは。

山道は狭い場所もあるが、林道を含めて歩きやすく危険な箇所もなく歩き
やすいコースではあるのですが。

P1190125_320.jpg P1190126_320.jpg
小田急線秦野駅北口から渋沢駅行きのバス(8:00発)で20分ほどで「菩提」で下車
 
P1190129_320.jpg P1190130_320.jpg 
市街地を抜けるとまもなく「表丹沢野外活動センター」に到着(9:08)。
ここで道を尋ねる。 道は整備されているようであるが、分かり難そう。
P1190136_320.jpg P1190137_320.jpg 
二ノ塔と三ノ塔の間の谷あいからを水源とする葛葉川の下流に出る(9:25)。

P1190139_320.jpg P1190140_320.jpg 
この川は沢登りの初級の訓練用として利用されているようだ。
P1190144_320.jpg P1190146_320.jpg
ここには「葛葉の泉」と書かれた看板があり。皆さん水を汲みに来ている。
試飲してみると、冷たくて美味しい。

 P1190148_320.jpg P1190150_320.jpg
水場から200Mほど林道を行くと、二ノ塔への登山等に入る。ここからは本格的な山道だ。
 P1190151_320.jpg P1190153_320.jpg

P1190155_320.jpg  登山道を歩いてゆくと林道がある。
舗装されていなくて まだ新設したばかりのようだ。

P1190157_320.jpgP1190162_320.jpg  
林道には行かず、並行に繋がる細い登山道に再度入る。
P1190158_320.jpg P1190159_320.jpg
しばらくは急登な道が続く。途中休憩を取りながらのスローペース。
P1190161_320.jpg P1190163_320.jpg    
                   ようやくなだらか地点にきた.。頂上が近いようだ。        
P1190164_320.jpg P1190165_320.jpg
やっと二ノ塔に到着。12時18分着とかなり時間がかかってしまった。
ここで一息入れる。三ノ塔まではあともう少しだ。
P1190166_320.jpg P1190170_320.jpg
今日はガスが強くかかっていて丹沢の主峰が見渡せない。唯一、大山が見える。

P1190169_320.jpg P1190172_320.jpg
15分ほどで三ノ塔((1205m)に到着。避難小屋がかすんで見える。ここでビールを
飲みながら昼食をとることにした。
P1190175_320.jpg P1190176_320.jpg 
13時25分に下山開始。来た道をすこし戻ると標識がある。写真正面方向の
大倉方面に向かう。

P1190177_320.jpg P1190178_320.jpg
1時間ほど歩くとやがて車道に出る。ここは一般車は通行止めである。


P1190180_320.jpg P1190181_320.jpg 
大倉まで残り3.3kmとまだ結構ある。

P1190183_320.jpg P1190184_320.jpg  
大蔵のバス停まで2kmとだいぶ近づいた。

P1190185_320.jpg P1190188_320.jpg
いよいよ残り1km。それにしても車道歩きは長く感じられるものだ。

P1190190_320.jpg P1190191_320.jpg 
                              戸川公園パークセンターが見えてきた。

P1190193_320.jpg P1190194_320.jpg 
水無川にかかる「かぜのつりばし」

 P1190197_320.jpg P1190200_320.jpg
橋の上から眺める水無川。
川のほとりではバーべキューを楽しんでいた。 さすがにアジサイは終わり
P1190201_320.jpg P1190202_320.jpg
P1190203_320.jpg P1190205_320.jpg  
秦野戸川公園パークセンターにて休憩。長い道のりで大分汗をかいたが、着替えを
してここ大倉からバスに 乗車して帰路に着いた。

久し振りの山行で疲れたが、雨も途中でパラパラと降って来たが、雨具を使うほど
でも なく この時期としては恵まれた登山であった。
会員の方も機会がありましたら、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

幹事 菊地

2014.07.28 / Top↑
4月と6月の2回にわたって復元になった、東京駅丸の内駅舎とその周辺を
散策したので紹介します。    
  
 すべての写真はクリックで拡大します
P1170840 _1024
1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎は、辰野金吾により設計され、
諸外国にも例を見ない壮麗なルネッサンス様式の外観、鉄骨煉瓦構造は関東
大震災にも耐えました。しかし、1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと
屋根・内装を焼失。
戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎にして復興し、長年親しまれてきました。
  
復元なった東京丸の内駅舎全景 パノラマ合成写真 
マウスをおくと拡大します

復元にあたっての建設費は空中権を周辺のビルに販売することで捻出しました。
2007年に保存・復元工事を開始して、2012年10月1日に完成しました 

P1170807 _1024   
 

南北ドーム見上げ装飾

今回の第一の見どころは創建当時の南北にあるドーム型屋根に復元したことです。
内部から見上げると壮大な八角形のドーム状の天井に飾られた装飾品が目に飛び
込んできます。

①クレマチスレリーフ

②鷲レリーフ

③剣と鏡のレリーフ 

④秀吉の兜をモチーフにしたキーストン

⑤干支のレリーフ (丑、寅、辰、巳、未、申、戌、亥)

⑥鳳凰、動輪と矢束のレリーフ

壁は漆喰塗り、装飾類は石膏にガラス繊維を混ぜて補強してある


写真にある各番号をクリックするとズームして見えます。
もしズームしない場合は下記のURLからお試しください。 
asahi-yu.net/sub_group1/toukyo_zoom/zoomy.html 

tdoumu2.jpg
 

P1170823 _1024 P1170824 _1024

P1170826 _1024P1170827 _1024  
P1170830 _1024P1170828 _1024   
新装になった 東京ステーションホテル内部


外壁

壁は構造レンガを交互に積み上げているが、その表面には15mmの厚さの化粧レンガ
を張り付けている。
色合いは創建時と同じにしているが、創建時のものは年月とともにやや白みを帯びてい
る。そのため2階以下の壁と3階では境目が写真からも見て取れる。

なお、窓枠については当初木枠であったが、戦後の修復工事で鋼製に替えられた。
今回は、白色に塗装されたアルミ製(フッ素樹脂塗装)であるが、メーカーは木の風合い
を出すのに「岩手銀行」を視察し、試行錯誤を重ねて製作したそうです。

花崗岩

窓の上下部分や柱頭飾りなどには稲田(茨城県)産、腰壁・玄関周りには北木島(岡山県)
産の花崗岩が使用されている。
また柱頭飾り(写真の黄色の矢印部分)は戦災復興工事の際に2階部分に移設していた
が、今回の復元工事で元にあった3階部分に戻した。

注釈:茨城県稲田町は1958年2月に笠間町に編入されて消滅、さらに8月に笠間市に
    市制施行となった。

    岡山県北木島(きたぎしま)は笠岡市笠岡港から26kmの笠岡諸島の中央に位置
    する周囲18.3km、面積7.49k㎡で人口1,027人「北木御影石」として有名で、
    日本銀行本店、三越本店、靖国神社大鳥居などの建造物にも使用されている。

    
パラペット(胸壁)

徳利形のヘラ絞りで作成された銅製のものが並べられている。
仕上げは銅そのものの色合いであるが、経年変化で将来は酸化して緑青がわいて風合い
を増していくだろう。

屋根

屋根の棟や尖塔は銅板葺とで仕上げている。
屋根の中央部は創建時のものと同様宮城県雄勝産の天然スレートと銅板の構成で葺か
れている。南北ドームは戦後の改修した時に使用した登米産を使用している。


注釈:雄勝町(おがつちょう)は宮城県北東部の太平洋に面しているが2005年の市町村
    合併で石巻市になった。
    天然スレートのほかに硯が国内産の90%を占めている。

    登米市(とめし)は、宮城県の北東部に位置し、北部は岩手県に、西部は栗原市に、
    南部は石巻市及び遠田郡に、東部は本吉郡に接し、登米市の面積は536.38km2で、
     県全体の7.36%を占めている。


柱頭飾り_1024 

P1170841 _1024 

P1170838 _1024      擬石(ぎせき)   
  
擬石とはセメント・顔料・砂・砕石などの
   材料を混合して、天然石に似せて造った
  人造石をいう。
 すなわち、ここでは花崗岩粉に石灰・セメ
   ントを調合して、左官仕上げしている。  
  写真から見てわかるように、帯型(バンド) 
 や柱形、各階の窓廻りに使用している。 
                         
  
P1170855_1024.jpg 


P1170817 _1024 P1170804 _1024 
P1170805 _1024 P1170801 _1024

東京駅丸の内駅舎南側 全景パノラマ合成 (マウスで拡大)
  


P1180208_1024.jpg P1180209_1024.jpg 
東京中央郵便局 (KITTE) 

P1170809 _1024
1931年建設された日本最大の中央郵便局
はJPタワーの低層6階建てとし、局舎を一部
保存・再生して3月21日にOPENした。
ビルの中央は吹き抜けになっています。その
周囲には98の店舗が取り囲んでいます。 
           



 
P1170814 _1024 P1170815 _1024  
4月初めに行ったときはオープンして間もなく、休日のせいか大変混雑していました。
中央フロアが吹き抜けなので各階の様子が伺えます。
P1180207_1024.jpg 
P1180206_1024.jpg   
屋上は1,500㎡の芝生で敷きつめられた庭園。
実は4月は風が強くて、屋上に上れませんでしたが、6月は念願かなって、東京駅舎を
上から見渡せました。上から見るとドーム全体が見えます。
 
 
P1180203_1024.jpg P1180202_1024.jpg
P1180189_1024.jpg P1180198_1024.jpg   
 
皇居東御苑 
P1170869_1024.jpg P1170891_1024.jpg  
P1170875_1024.jpg P1170890_1024.jpg 
4月は桜がまだ少し残り、つつじなど花々が咲き誇っていましたが、6月はほとんど
咲いていませんでした
P1170883_1024.jpg P1170884_1024.jpg 
富士見櫓 櫓は倉庫や見張り防御の役割を担っていますが、昔は19もの櫓
があったが、現在は三つしか残っていません。また三重櫓はここだけです。
P1170894_1024.jpg P1170896_1024.jpg 
皇居正門石橋 明治20年架橋 
 
二重橋と間違えられるが、本当は奥にある正門鉄橋がそれにあたる
 
 
       
P1170796_1024.jpg   
 
三菱1号館

鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドルの設計は1894年丸の内の近代的オフィスビルの
第一号。
築後70年を経て解体され、そのあとは40年間普通のオフィスビルでしたが、2010年に
旧1号館に似せてレプリカ再建された。
P1180210_1024.jpg P1180211_1024.jpg  
 
建物の裏側は大きな庭園となっている。 
P1170791 _1024 P1170789_1024.jpg   
 
明治生命館

1930年(昭和5年)9月に起工し、1934年(昭和9年)3月末に竣工した。 
設計は東京美術学校(現東京芸術大学)教授岡田信一郎である。外観はコリント式
列柱が並ぶ古典主義的様式に則ったデザインである。
1945年(昭和20年)9月12日から1956年(昭和31年)7月18日までの間、アメリカ極東
空軍司令部として接収されていた。
1997年(平成9年)5月29日に昭和の建物として初めて国の需要文化財に指定された。
年末・年始および館内点検日を除く毎週土・日曜日に見学できます。  
P1180224_1024.jpg 
 
地上8階、地下2階の明治生命館
P1180212_1024.jpgP1180213_1024.jpg   
現在お客様相談カウンタがある一階は吹き抜けになっている。
P1180214_1024.jpgP1180215_1024.jpg
P1180218_1024.jpgP1180219_1024.jpg 
応接室がいくつもある
P1180220_1024.jpgP1180223_1024.jpg   
健康相談室                        建物模型

楠正成 銅像

「忠君愛国」のスターとして明治期に再評価されましたが、歴史の中でその評価が
たびたび変わっている。
別子銅山を開いた住友家が開山200年を記念として、高村光雲らにより作成され、
明治33年7月に完成した。 
P1180230_1024.jpgP1180227_1024.jpgP1180235_1024.jpgP1180233_1024.jpg   
近くに「楠公レストハウス」があり、江戸料理ゆかりの食を味わえる。
「江戸エコ行楽重」は三重の重箱に江戸時代に発展し、現在受け継がれている味の
ルーツと現代の素材とを融合させ「江戸の味」を再現した弁当で、お勧めです。要予約。

和田倉噴水公園

和田倉地区にある噴水公園は継続性と新たな発展をテーマとしており昭和36年に
完成した高さ8.5mに吹き上げる大噴水を再整備し、新しく
造られた高さ5.5m、
長さ30mの落水施設やモニュメントとを流水施設で結んでいます。
P1180236_1024.jpgP1180238_1024.jpg   
P1170868_1024.jpg

最後に
東京駅・丸の内界隈は歴史的重要文化財が多くあり、見どころが沢山あります。
それはまた、現代に合わない、機能性が悪い、土地の有効利用が悪いなどの現実的な
問題もあります。
久しぶりに訪れた街は建設ラッシュでした。旧と新の融合、文化財の保護も重要な課題
です。
過去の歴史を踏まえ、記事を参考にしていただき、変遷している丸の内界隈をたまには
訪れてみてはいかがでしょうか。

幹事 菊地  
       
   
2013.07.19 / Top↑

2月12日に開通した東京ゲートブリッジに行ってきました。
ページ上部はそのスライド写真です。

この橋は江東区若洲公園から埋立地との間は2618mと横浜ベイ
ブリッジの2倍に及ぶ巨大な橋で、約8年間の工事期間を掛けて施工
されました。東京と千葉を結ぶ物流の用途がメインで、区分は一般道です。

遠くから見ると、まるで恐竜が向かい合わせに2頭並んだような形を
しています。大型船の海面からの高さと幅を確保するためと羽田から
の飛行機への高さ制限からこの形状になりました。

 ゲートブリッジ 

橋の上には歩道もあって現在は若洲公園側のみですが、エレベータで
登って歩行ができます。

 ゲートブリッジエレベータ
      エレベータ塔 これで橋の上に登る

観光バスのツアーコースにもなってきたようで、行楽シーズン
には大勢の観光客で賑わうことでしょう。
見学に行った2月22日は少々寒いのにもかかわらず、結構大勢の
方が訪れていました。
その日は遠くまでは見えず、東京タワーやビル群程度しか見えません
でしたが、視界が良ければ富士山をはじめ山々が見えるようです。

4月隅田川の屋形船でのお花見で海上から見学予定です。
高さが81mもあるので海からは相当高く見えるのではないでしょうか。


これからも時間がありましたら屋形船で通過する隅田川の橋を
陸から見た眺めでレポートしたいと考えています。

幹事 菊地

2012.03.03 / Top↑

6月に神奈川県にある宮ケ瀬湖畔とダムに行ってきましたので紹介します

愛ちゃん号 
 ロードトレイン「愛ちゃん号」


宮ケ瀬湖は丹沢山から見て北東の位置にあり、神奈川県の中央部を流れる
相模川の支流である中津川を堰き止めダムを造りました。
洪水調整、水道水、発電などを目的とした首都圏最大級の人工貯水池です。
面積は4.60k㎡で広さは東京ドームの約100倍あり、貯水量は0.193k㎥ で
箱根芦ノ湖とほぼ同じ。
ダムは2000年12月に完成し、上水道は横浜市・川崎市・横須賀市など県
人口の90%に供給されていて丹沢湖とともに県民の大切な水瓶としての役割を
担っています。
 
ケヤキ広場カヌー
けやき広場 左奥は日本一のクリスマスツリー     親水池でのカヌー練習場 
もみの木で12月には電飾される                    



宮ケ瀬湖の周辺は湖とその周辺は東丹沢の山々の景観が望
め、カヌーやピクニック広場など自然とのふれあいができます。
また駐車場も完備しており、その周辺にはおみやげや食事が
できる「水の郷商店街」には店舗が多数並んでいて食事には
困りません。 

 
ミーヤ号0042.jpg
 ロードトレイン「ミーヤ号」に乗って20分ほどで湖畔園地を一周

今回は小田急線本厚木駅から路線バスに1時間ほど揺られて
宮ケ瀬停留場に降り立ちました。
そこは湖畔園地となっており、まずはロードトレインで園内一周 し
「水の郷大つり橋」を渡り、園内散策してから「野外音楽堂」で昼食。



メイン階段メイン階段
けやき広場に行くのには今の141段の階段を下りなければならない。 
降りているいるときは分からないが、遠くから見ると木の模様が浮き出るのがわかる。

湖畔大つり橋 
 宮ケ瀬湖 奥に高取山と仏果山が望める        全長315mの大つり橋 

つり橋
ここ宮ケ瀬は東丹沢になり周辺の山は高取山(705m)、
仏果山(747m)、経ヶ岳(633m)がハイキングコースが
整備されています。頂上には展望台があり、丹沢の主峰
蛭ケ岳や丹沢山が眼前に迫ってくるとのことで、折があった
ら縦走してみたいものです。
3山の縦走で約5時間程度は見込まないといけないようで、
高取山と仏果山だけな らば半分の時間ですみ、帰りに
宮ケ瀬ダムに立ち寄る方も多いようです。 
時間はかかりますが、丹沢山へのコースもあるので体力
がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。


  

連絡船湖畔 
 遊覧船「みやがせ21」で宮ケ瀬ダムへ



午後は連絡船でダムサイトに移動し、その巨大でそそり立つダムの
威圧感に驚き、「水とエネルギー館」で水の利用法を学びました。  

ダムダムサイド
ダム上端 幅29m長さが375mもある            ダム側面
ダム中央部にはエレベータでダム内部
に降りられる


インクラインインクライン
ケーブルカー「インクライン」は工事のための物資や点検のために使われ
ましたが現在は観光用としてダムの上下間を結んでいます
高低差121m 最大路線角度は35°で、これは高尾登山電鉄の31°よりも
上回ります。

ダム前面ダム全面
ダムは最大幅375mで堤高156m  最上部には非常用洪水吐がありその下に
2本高位常用洪水吐設備で洪水の時の流量を調整しています

ダム上部よりの眺め
ダム上部からの眺め 画面中央には「愛川第一発電所」が見える

「湖畔園地」にはテントを張って昼寝や食事をしたりしている方が多数見受けられた。
8月は夏休みで親子づれも多く、草原でそよ風に吹かれながら1日のんびりとする
のも、たまには良いのではないでしょうか。

なお、カヌー教室やバーベキューも食材とコンロ等一式、手ぶらでいってできます。
詳細は公式サイトでご覧ください。

トップ画面にはスライド化して多くの写真を掲載しましたので、その時の模様を
感じとってもらい、よかったら是非一度は訪れてみてください。

ー 山と渓谷の会幹事 菊地 ー


2011.07.29 / Top↑

  haltukaisan  
 
新潟県の南魚沼市の八海山ロープウエイと山菜採りに行ったので紹介します。
今年は春の訪れが遅くて上越の山々は残雪が多く残されていました。
トップ画面は残雪が多く残る「八海山」を観光バス車内から撮影したものです。

八海山はお酒好きの方にはどなたもご存知と言うか、お酒からその名を知った方
もいるのではないかと思うのですが。
八海山という山はなく、薬師岳と八ツ峰といわれ地蔵岳、不動岳、七曜岳、白河岳、
釈迦岳、 摩利支天岳、剣ヶ峰、大日岳 の峰々、最高峰の入道岳(1778m)から
成り立っています。  



hatu hatuhatu  
 
 ロープウエイを降りるとそこは4合目、まだ
 残雪が豊富にあります
 小さな遥拝所の小屋の先にいくつ
 もの峰が続いています。





hatuhatu 

遠くには浅草岳(1586m)や太郎助山や守門岳などの山々が見渡せます

hatu hatu  
  hatu hatu
hatu hatu
ロープウエイから見える魚沼市が見渡せます
hatu hatu
hatu   
八海山ロープウエイからも八海山がよく見えます


翌日は山菜採りで里山に入ります。
山菜は田んぼの畦道、土手に生えていますが、今年は遅くまで寒くて生育が悪く
あまり収穫ができませんでした

山菜 山菜

山菜 山菜 
 こんなところに自生しています  
 

sansai 山菜 
コゴミ ワラビと同じシダの仲間、全国の  ワラビ シダ植物の多年草。新芽は握り
     山林に分布し渓流ぞいによく見        こぶし状で一本づつ伸び5月から 
     かけ、春先に根本をくるりと巻        6月が旬。日当たりと水はけの良い
     いた葉を4~5個位まとまって        草原や土手などに群生します。                                 
             
       出てくる。

山菜 山菜
山ブキはたくさんありましたがまだ細い。  うど 丘陵や山地の日当たりのよい林道 
  葉を切り落として茎を煮て食べます       沿いや沢の斜面や林緑、土手など、
                              土のくずれたような場所に顔を覗か
                              せます。煮て酢味噌で食べました。
 
 


 山菜は収穫が少なくてがっかりでしたが、宿では温泉に入り、目の前で山菜を天ぷらに
 してくれ 揚げたてを食べたのは美味しい。
 それにもまして雨上がりにもかかわらず越後の山々が眺望できたのは何よりでした。
 折をみて八海山の踏破は無理でも、そのうちの一山でも登りたいものです。

 山と渓谷の会 菊地 記


2011.06.24 / Top↑
まとめ